脳脊髄液減少症 | 成瀬カイロプラクティックセンターで頭痛・肩こり・腰痛をスッキリ解消!

ロゴ.gif 全身を整える、ボディケアフィット 全身を整える、ボディケアフィット

その不調、もしかしたらカラダの歪みが原因かもしれません。

頭痛・肩こり・腰痛・その他の不調、あきらめないで!

成瀬カイロプラクティックセンターでは、下記の症例をはじめ腰・首・肩・肘・膝・股関節等皆様の症状に合わせた施術と時間・空間を提供させていただいております。
痛い所や体で気になる事等ありましたら、お気軽に相談ください。

脳脊髄液減少症について
- Cerebrospinal Fluid Hypovolemia -
p5(脳脊髄液減少症).jpg事故などの影響でムチ打ちにて頚部を痛めたり、激しく頭部を打ったり、転倒などで骨盤を強打して吐き気やめまいや耳鳴り、頭痛に悩まされる方は大勢います。

ほとんどの方は一過性の症状で、時間の経過とともに症状は改善されますが、中には受傷後から症状は一向に改善されません。または、経過とともに症状が酷くなるという患者さんもいます。
その理由のひとつに事故の衝撃により脳と脊髄を包んでいる硬膜が損傷し、そこから脳と脊髄の周囲を流れている脳脊髄液(CSF)が漏出しているこという理由が考えられます。

脳脊髄液の漏出により脳のテンションが変わり、脳神経や延髄などが圧迫され脳からの指令がうまく体に伝わらず、頭痛や吐き気、めまい、視機能障害、倦怠感といった症状が現れます。
これを脳脊髄液減少症と呼びます。

p1(脳脊髄液減少症).jpg鑑別診断としてMRIやRI脳槽という画像診断を行い裂けてしまった硬膜の箇所を鑑別し、そして治療方法のひとつとして患者さまご自身の血液を注入するブラットパッチ(EBP:epidural blood patch)というものがあります。

主に脳神経外科で行われますが、今現在の状況として、日本で行われる医療機関は少ないため一日の中で受診可能な人数が限られてしまいます。
国際福祉大学熱海病院 篠永 正道医師のもと全国の医師に働きかけ教育活動・学会発表など行われていますが、前述したように今現在受診可能な医師が限られていますので、時期によっては数ヶ月お待ちなるようなときもあります。

そこで、成瀬カイロプラクティックセンターでは少しでも患者さまの負担を軽減していだくという趣旨のもと、スクリーニング(鑑別診断)・予約受診日までの症状緩和・ブラットパッチ後のケアーを目的に問診・視診・理学検査・施術等をさせていただいております。
脳脊髄液減少症説明01.jpg
患者さまの声写真[1] (2).jpg

【患者さまの声】
横浜市在住 Sさま

前から肩コリ・頭痛には悩まされていましたが数カ月前からめまい動悸・だるさが加わり仕事も思うようにできなくなり、病院に何件もかかっても原因がわからず悩んでいたとき友人から「脳脊髄液減少症」の事をきいて、ネットで調べてこちらにたどりつきました。
最初の施術から信じられない暗い体が軽くなりつらい症状もおさまってきました。思いがけず高かった血糖値も下がりはじめてうれしい限りです。先生のおかげで健康になりつつある事を実感しながら毎日元気に働けるようになりました。


【脳脊髄液減少症】紹介先専門病院・医師
熱海病院link.gif熱海病院 脳神経外科:篠永 正道 医師
国際医療福祉大学熱海病院は、地域の中核的医療機関として高度な医療、快適な療養環境、良質な医療サービスを提供します。



ページトップへ