カテゴリー別院長ブログ | 成瀬カイロプラクティックセンターで
頭痛・肩こり・腰痛・お腹周りの脂肪をスッキリ解消!
ロゴ.gif
その不調、もしかしたらカラダの歪みが原因かもしれません。

しつこい頭痛・肩こりでお悩みの方…お気軽にご利用ください。

ブログ
ブログ
2018/7/25(水) テーマ:肩こり, 頭痛, 疲労, 認知症改善

おはようございます。

暑い日が続いていますね★

今回はズバリ! 「熱中症予防」に関してです♪

お年寄りに多いといわれていますよね。
現に熱中症の疑いで病院に搬送されている方もお年寄りが多いようです。

なぜ??

「年齢とともに感覚が鈍くなって脱水症状になっているのが気が付かないから!」

って、考えつきますよね。

確かにそうです。暑いや寒いなどの感覚も鈍くなりますので、「のどが渇いた」「頭がボーっとする」などの身体からの信号にも気が付かくなります。

っが!!!

それだけではありません。

この、お年寄りの中でも熱中症になるやすい方。っというのがあります。

それは、降圧剤のお薬を飲んでいる方です。

降圧剤??

そうです。
血圧を下げるお薬です。

なんで???

血圧を下げるお薬(降圧剤)には、降圧利尿剤というのがあります。

このお薬は、文字通り、尿の量を増やして血圧を下げましょう。というお薬です。

つまり、尿の量が増えるということは身体の中の水分が出ていくということです。

水分が出ていけば身体は乾燥していきます。血液はドロドロになっていきます。

勘のいい方はわかりますね♪

そうです。
先ほどお話した「熱中症になるやすいお年寄り」というのは、降圧剤を飲んでいる方になります。

降圧剤を飲んでいる方からは、
「あー、よくのどが渇く!なんだろうねー。さっきからお茶ばっかり飲んでいるのよー」

っていうのがあります。

そうなんですよ。
お薬で、尿を出すように促しているのですから身体は脱水状態なんですよね。
そりゃー、のども渇きます。

お買い物などのちょっとの外出だけでバテバテになるのはこのせいでもあります。

降圧剤を飲んでいる方は積極的に水分を摂る必要があります。

そして!!!

熱中症予防に、万能な食べ物について♪

先ず、汗を掻くとはどういうことでしょう??

身体の水分が出ていくということです。

そして、同時にミネラルが出ていくということですね。

もう一つ忘れていけないの。
それは、塩分ですね。

汗を沢山掻き、洋服に汗が染みこみます。渇くと白い粉状のものが付着しているときがあります。
これ、塩分です。

汗は身体から塩分をこれだけ沢山出すのですねー。

っということで、またまた勘のよい方はおわかりですね♪

そうです!
熱中症予防の万能な食べ物は!!!

梅干しです!!!

欲を言えば炭水化物も同時に摂れる梅干しおにぎり!!
特にお子さんにはいいですね♪

お子さんは大人よりのアスファルトの近くで生活していますので、大人が思っている以上に汗を掻き水分とミネラルと塩分を放出しています。

炭水化物と塩分とミネラルを同時に摂れる、梅干しおにぎりは夏の万能食べ物です♪

あとですね。
「いちいち梅干しおにぎりは抵抗あるなー。」
「手っ取り早く補える方法ないかしらー。」って考えますよね。

大人でも子供でもお年寄りでも手っ取り早く塩分とミネラルを摂る方法があります♪

お菓子売り場になる「乾燥梅干し」

カリカリ〇とか最近では種ぬきの干し梅とかありますね。

それです!

程よい塩分と程よい糖分があります。
この、程よい塩分と程よい糖分というのがちょうどいいんです♪ (^^♪

細かいこというと防腐剤とか香料とか気になりますが、まーせいぜい1日2~3個程度でしょうからそんなに神経質にならなくてもいいと思います。

とにかく、一度試しに1個口に入れてみてください。

消化が早いのであっという間に元気になります。

お年寄りからお子様。
主婦の方から会社員、建設業、農業、漁業、林業、医療関係者、その他サービス業、あらゆる職業の方に、
この時期お勧めです♪

今回、熱中症予防につきて触れてみました。

今日も皆さんによい一日を♪

上野



おはようございます。

ここのところ、このブログ。
ご利用者様から専門職、そしてカラダのことで興味がある方など、さまざまな方面で好評を受けているようです。

「ありがとうございます。」

早速ですが、先日はじめてご利用してくださった方とのご説明に中で、

上野
「っということで、尾骨をぶつけられたことがあるということは、時を経て横隔膜にも影響を与えますので、
呼吸が浅くなり疲れやすくなってたり、リンパの流れにも影響しますのでアレルギー体質にもなりやすくなります。
横隔膜の上は心臓、下は胃、肝臓。こうした内臓の機能も活発に働きにくくなりますので、こうしたところにも影響を与えやすくなります。」

ご利用者様
「えー!?
 そうなんですかー!
 もしかして、お腹だけポッコリ出ているのって、そうだったりしますかー!?」

上野
「そうですね。この絵を見てください。」

一番左がノーマルの状態です。
つまり、何も影響がない状態です。
尾骨と骨盤の底(骨盤底筋群)→ 横隔膜 は繋がっています。
お腹側は腹筋。背中側は背筋(脊柱起立筋)。

その隣の絵。
これは、尾骨をぶつけたとか出産の際に尾骨に負担がかかったなど、なんらかの影響で尾骨が曲がってしまった状態から、骨盤の底の筋肉が下に下がり、横隔膜が上に持ち上がっている絵です。

この骨盤が下がった状態から横隔膜への影響は、個人差がありますので数年、数十年かけてこのように横隔膜に影響を与えます。

ですから、気がつかないまま過ごすということはよくあることです。

ここで、先ほどの絵にカラダを貼りつけてみたような絵がありますので見てみましょう。

一番左側はノーマルです。

その隣の絵。左から二番目の絵です。

お腹。
いわゆる下っ腹というところ(だけ)が出ていますよね。

ちなみにですが、尾骨から横隔膜に影響を与えるまで数年、数十年かかるといいました。
横隔膜は肩や首、頭の方へ影響を与えます。
絵を見ると猫背になっていますよね。
横隔膜から肩、首、頭への影響も数年、数十年かけ影響を与えることになります。
肩こりや背中の張り、頭痛、頭重などもそうですよね。」

ご利用者様
「おー、なるほど! 
それで、やたら下っ腹だけ痩せにくかったり、呼吸も浅いので疲れやすい、脳にも酸素がいかないのでやる気がおきなかったりするんですねー」

上野
「はい。そうです。そのとおりです」

ご利用者様
「ってことは、どうすればいいんですかー!?
もちろん!ここには来るっていう前提ですけど… 」

上野
「ハハハ。 ありがとうございます。
 お家でできる簡単なリハビル方法がありますので今からやりますね。」

ご利用者様
「はい。お願いします。」

っということで、今回のブログはここまで♪
(^^)

あっ!!
そうそう。
お知らせです。

6月24日(日)~27日(水)まで研修のためお休みをいただきます。
ご利用いただいている皆さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、パワーアップして帰ってくることをお約束致しますのでご了承ください。

今回は海外の先生の講義を受けてきます♪ (会場は国内です。(^^))

それでは、気持ちを込めて。
いつものご挨拶♪

今日も皆さんによい一日を♪

上野