院長ブログ | 成瀬カイロプラクティックセンターで
頭痛・肩こり・腰痛・お腹周りの脂肪をスッキリ解消!
ロゴ.gif
その不調、もしかしたらカラダの歪みが原因かもしれません。

しつこい頭痛・肩こりでお悩みの方…お気軽にご利用ください。

ブログ
ブログ

おはようございます。

アップがちょっと止まってしまいました。
楽しみにしていてくださっている方。
申し訳ありません。💦

今回は身体の不調の原因の一つ。
【外傷性】

について触れてみましょう♪
(以前にもちょっと触れたことありましたが復習のつもりでお読みください♪)

みなさん、身体の不調の原因、ご存知ですか?

頭痛、肩こり、腰痛、
ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、慢性疲労、睡眠障害、

こういった症状、ここにいらした方の症状になります。

そして、こういった症状。
何が原因でしょう?

原因というは、普段思いつかない「まさか!」というところに存在するものです。

この原因。

過去に経験した「骨折」や「捻挫」「打撲」。
そして、交通事故や転倒、高いところから身体を打ち付けたなどいった経験が原因だとしたら驚きませんか?
これを外傷性の機能障害といいます。

        

では、なぜ過去に経験した転倒や事故、骨折や捻挫が原因であとになった身体に症状として現れるのでしょう。

まず、身体は膜という組織に覆われています。

この膜に傷が付くと修復したあと固くなります。
これを瘢痕組織といいます。

この瘢痕組織は固くなっていますので、のちにその固くなった部分を中心に周りが引っ張られるようになります。


         
膜が引っ張られる状態。
 ※この場合、左膝の怪我が原因で瘢痕組織ができ、股関節や骨盤、腰椎が引っ張られるようになります。

この膜。

身体の周囲だけでなく、各筋肉のまわり(筋膜)、骨のまわり(骨膜)、内臓(fasca)のまわり、または脊髄(脊髄硬膜)や脳(脳硬膜)のまわりにあります。

今回は、ここまで♪ (^^♪

次回はこの続きになります。

今日も皆さんによい一日を♪

上野


2018/4/19(木) テーマ:オステオパシー, その他, 花粉症

おはようございます。

今回は【排出】について♪

手によってカラダを整えるアメリカ発祥のオステオパシーという手技療法があります。

そのオステオパシーでは【排出】というものをとても重要視しています。

指圧や針治療などの東洋医学も【排出】というのを重要視するようです。

なぜ重要視するのか?

つまり、
「出る」から「入る」
「出す」から「入る」ということからです。

これはすべてに当てはまります。

カラダでいうと、

「吐く」から「吸う」
「出す」から「食べる」
「出す」から「飲む」

になります。

毎日のバタバタとなりがちな日常生活の中では、ついつい「入れる」方に目を向けがちですが、
ときどき立ち止まって「出す」方に目を向けてあげるといいですね。

「食べよう!」
「飲もう!」

が続いたときなどは、「よし!出そう!」とかね。(^^♪

それでは、出すって何でしょう?

「うんちを出す」
「おしっこを出す」

「汗を出す」

「エネルギーを燃焼させる」

などなどになりますね♪

身近にあるもので「入る」「出す」を繰り返すものはなんでしょう?

いろいろありますが、今回はお家の洗面や台所のシンクで考えてみましょう♪

パイプが詰まっていたら、出ていくものも出ていきませんよね。
蛇口からの水は入る一方になりますので、シンクには水が溜まり溢れでてしまいます。

これが風船のような真空状態ならパンクします。

パイプから出ていくようにしてあげると、水の流れがよくなります。

その他にも身近なものであります。

そう!
掃除、片付けです。
断捨離っていうやつですね。

断捨離するとスッキリしませんか? (^^)

こちらも同じです。
「出す」から「入る」です。

他にもありますよね。
たぶん、誰でも経験していると思いますが、映画などを観て「泣く」という行為です。

泣いたあと「スッキリ」した経験ありませんか?
なぜスッキリするでしょう?

そうです。
こちらも「出す」という行為だからです。

「泣く」という行為は特に感情を放出させてくれます。

感情とは「嬉しい」「楽しい」だけでなく「怒り」や「悲しい」なども含まれます。

この「泣く」という行為は上にあるようなすべての感情を放出してくれます。
その結果、スッキリします。

ね。
面白いでしょ? (^^)

気が付いたときでもいいので、少しほんの少し意識して日常生活やお体にもこの「出す」という行為を取り入れてあげるといいですね。

今回のキーワードは「出す」です。
(^^)

ぜひ、試してみてください♪

今日もみなさんによい1日を♪

上野