院長ブログ | 成瀬カイロプラクティックセンターで
頭痛・肩こり・腰痛・お腹周りの脂肪をスッキリ解消!
ロゴ.gif
その不調、もしかしたらカラダの歪みが原因かもしれません。

しつこい頭痛・肩こりでお悩みの方…お気軽にご利用ください。

ブログ
ブログ

尾骨2

2019/5/14(火) テーマ:肩こり, 腰痛, 頭痛, その他, 尾骨

おはようございます。

よく雨降りましたね。💦

台風一過で、今日はよく晴れています。(^.^)♪

早速、今回の内容は前々回の【尾骨】の続きです。

尾骨の折れ曲がりの原因は、⓵ 転倒などの外傷性 ⓶ 妊娠、出産過程での圧
という解説はさせていただきました。

今回、ご紹介させていただくのは⓵の外傷性になります

尾骨。
こんな小さな骨です。


転倒などで強打するとそれは痛いです。💦

ぶつけたときの強さや角度にもよりますが、場合によっては「ポキッ」て折れます。

折れてなくても尾骨は折れ曲がり、時間の経過とともにカラダへのさまざまな影響をもたらします。

カラダの中心部分ですし、骨盤の底の部分でもあります。

下部は股関節、膝、足首。

骨盤では、主に骨盤内臓器の子宮や卵巣、膀胱、大腸。男性では前立腺。


脊髄(詳しくは硬膜)での繋がりでいえば、上まであがって脳まで影響します。

尾骨の折れ曲がりからの身体への影響は、考えている以上に多岐にわたります。

ご利用者様を診させていただいて、実感しています。

以前お話しさせていただいたように【尾骨の折曲がり】は、一般的にあまり重要視しませんので、見逃しされているメースがほとんどだと思います。
僕らのような職業の方でも見逃してしまうケースもあります。

筋骨格系でいえば、坐骨神経痛、股関節痛、膝痛、腰痛、背部痛、頸部痛、等…。
自律神経系でいえば、不眠症、過呼吸、心配症、感情起伏障害、慢性疲労、等…。
内分泌系でいえば、生理不順、無月経症、不妊症、更年期障害、等…。

これ全部??
いやいや、これでもまだほんの一部ですが、僕が危惧するのは、
このほとんどが【原因不明】となっていることです。

原因不明ということは、原因がわからず、ただただ上のような症状のまま、
悩まれている方がいらっしゃるという現実に心が痛みます。

下のお写真は、尾骨を整えたご利用者様のお写真になります。
症状は、「腰の痛み」と「足に熱いとかいう感覚がない。」ということでした。

尾骨をぶつけられた経験がある方になります。

まずは、整える前。

そして、整えたあとです。

比較してみましょう。
左側は尾骨を整える前。右側が整えたあとになります。

整えたのは尾骨のみです。

尾骨のみでこれだけ変わります。

そして、症状の「腰の痛み」と「足への感覚」ですが、次の日にお電話いただき、
「腰の痛みはもちろんですが、それよりも足の感覚が戻ってきたのが驚いて!お風呂に入るときに熱いって感じて!」というご連絡をいただきました。

よかったです。(^^♪
お写真のご承諾ありがとうございます↑ (^_-)

〇〇さんもね。
尾骨を整えて変わられた方がいらしゃいますので、ご承諾をいただきまいしたらご紹介させていただきたいと思います。

「あれ?? 私もかも…。尾骨をぶつけたことあるのよね…。妊娠中、尾骨が痛かったのよね…」という方。

ぜひ一度、ご相談ください。

そして、先日「せんせーい。持ってきたのでちょっと診てもらえるー??」と、
MRI画像をお持ちなった方がいらっしゃいましたので♪ (^^

スクリーンに映してお話しを♪

頼りにしていただいて、ありがたいです♪ (#^^#)

今回は【尾骨】について解説させていだきました。
今日もみなさんによい1日を♪

上野。

コメントは受け付けていません。




« 前の記事: を読む